【カナダ】バレンタインについて *男性からプレゼント  |五代目美容師

【カナダ】バレンタインについて *男性からプレゼント  |五代目美容師

 

こんにちは

最近雪の上を滑りながら歩くのにはまってる

夫婦でワーホリ中の嫁MIO( @Godaimebiyoushi)です。

 

 

もうすぐバレンタインデーですね。

今回は日本のバレンタインデーと海外の

バレンタインデーの違いを書いていきたいと思います!

 

 

カナダではバレンタインは何をする日?

カナダではバレンタインデーは主に男性が

女性(恋人・奥さん・好きな人)に対し贈り物をするのが

一般的です。

バレンタイン当日は街のいたるところで

プレゼントを抱えた男性の姿を目にします!

 

バレンタイン3日前の今日も

バラの花束を買っている男性や、

持ち歩いている男性を結構見かけました!

 

そういう男性を見かけると素敵だなと思います。

カナダではバレンタインデーは

好きな人に告白というよりは、

パートナーと素敵なときを過ごす日のようです。

 

 

カナダのバレンタインの人気なプレゼント

・バラの花束

お花屋さんにはバレンタインデー用の

BOXなども用意してあり、カナダの人は

事前にお花を予約して作っておいてもらい

会社帰りに取りに行く人も多いそうです。

日本人の私からするとバラの花束というと

敷居が高い気がしますが、

海外では記念日や誕生日など

特別な日に花束を贈るのは普通のようです。

・メッセージカード(ラブレター)

パートナーに毎年愛のメッセージを

書いて送るのも定番らしいです。

カナダではメッセージカードというものだけで

安くても$10はします。意外と高い、、

しかし、この時期は雑貨屋さんや、London Drugsなどどいった

ところのメッセージカードスペースでは男性が一生懸命カードを

探しているのを見かけます。

・化粧品

パートナーの好みを把握し化粧品などの

日ごろから使うものを渡す人も多いようで、

この時期はモールの化粧品屋さんでも

バレンタイン用のギフトを見かけます。

 

・下着(ランジェリー)

このプレゼントは海外ならではといったところでしょうか。

なかなか男性が一人でランジェリーを買いに行く

想像ができませんが、私がよく見かけるのは

一緒に買いに行き試着室前のイスで男性が携帯を

いじって待っている姿はよく見かけます。

 

・アクセサリー

プレゼントの定番でもありますね。

多くの女性はアクセサリーをもらうのは嬉しいと思います。

 

 

 

日本とカナダのバレンタインの違い

ざっくり言うと、

日本ではバレンタインデーは

女性が男性(好きな人)に対しチョコレートなどの

スイーツを渡すのが定番となっていて、ホワイトデーに

男性が女性にお返しを渡します。

 

カナダでは男性が女性(恋人、奥さん、好きな人)に

対し花束に加え、相手が欲しいそうなプレゼントを

渡すのが定番で、ホワイトデーというものはありません。

 

女性にとっては嬉しい事尽くしですね。

こういうのがあるから海外の男性はロマンチックに

みえるのでしょうか。

日本ではバラの花束を男性が持って歩いていることろ

なんでめったに見かけないですからね。

*ちなみにカナダにも日本の義理チョコや上司、友達への

ありがとうを込めたありがとうチョコのようなものも

あり、日ごろお世話になっている人に小さな

バレンタインギフトを贈ることもあるそうです。

女性もパートナーに贈り物

女性もパートナーに対してクッキーや

チョコレートなどといったスイーツ+何か一つパートナーの

好きなものを渡すのが定番みたいです。

バレンタインの過ごし方

バレンタイン当日は男性がレストランを予約していて

そこにパートナーと一緒に行き素敵な時間を

過ごす人が多いようです。

バレンタインデーはクリスマスと違い祝日ではないため

多くの人は普通に仕事に行きます。

そのため、その後待ち合わせをしレストランで

ディナーをし愛の再確認をするようです。

 

さいごに

同じバレンタインと言っても

日本とは全然違く、他国の文化を学ぶのは

面白いと感じます。

KAZは郷に入っては郷に従えとよく言ってるので

少し期待したいと思います笑